代表者ご挨拶

e-エクササイズ®開発のきっかけ

「人は何のために生きているのか・・・」と、時々自分自身に問うことがあります。
私たちは、家族や仲間に囲まれて日々の生活を繰り返す中にあっ て、日常に追われ、日々の営みを当たり前のように過ごせることがどんなに幸せなことなのかを忘れているのかもしれません。目にはみえない「思いやり」や 「愛情」そして「感謝の心」こそ、人が生きていく上で最も尊く大切にしなくてはいけないものだと、気づかされる瞬間があります。

メディカルフィットネス 株式会社e-エクササイズ 代表 松浦 亜紀子
代表取締役 松浦 亜紀子

私が運動支援に関わりだした頃、e-エクササイズ®の根幹を構築するきっかけになった運動現場と対象者の皆さんとの出会いがありました。行政の介護予防事業の携わった際、膝や腰に疾患があっても理論的に楽しく仲間との関わりを大事にした運動支援をすることで、年齢に関係なくADL(日常動作生活能力)向上を図ることができ、それが積極的に生活を楽しまれる意欲に繋がる事を教えていただきました。
また、特別養護老人ホームでの運動支援においては、身体機能や認知機能が低下し、なかなか反応が出ず、ほとんどの方々が車椅子での参加でした。中には寝たきりで手足が曲がったまま固まってしまい、移動式のベッドで参加して下さる方もおられました。どんな関わり方やアプローチがこの方々の尊厳を守りながら心と体を揺り動かす事につながるのか・・・。
試行錯誤する過程で、ここでもたくさんの気付きと学びがありました。

体が動かなくとも心は動く!
心が動けば体の反応も引き出せる!!
身体的な反応が無くても目が輝き出す!そして笑顔が!

表情が変わり、指先のかすかな反応を発見した時の感動は言葉では表現できないほど満ち足りた幸せな瞬間であり、生かし生かされている事、共に心を通わせる空間を楽しむことが何より大事なのだと肌で感じ学ばせていただいた現場でした。
同じ年代を懸命に生きてこられた高齢の皆さんに対しての運動支援。年齢はさほど変わらないのに身体機能・認知機能・精神機能の差がQOL(生活の質)の差となっている事実を目の当たりにし、その事が運動現場に関わる意味や参加者に寄り添い、共鳴しながら運動支援する事の大切さを学び、e-エクササイズのプログラムを漠然と思い描くきっかけになったのです。

母の死、そして・・・

平成27年の「七夕の日」に、五島で父と二人暮らしていた実母が他界しました。急に体調が悪化し、しばらくは自宅に引き取り家族で見守りながら一緒に過ごしました。

「人はいつか命がなくなる時が・・・だから」
一緒に過ごした数か月間の母の身体の変化は、私が、e-エクササイズを考案したきっかけなった現場での身体機能の低下そのものの変化でした。に私が普段現場で高齢のみなさん方に語っている変化まで
座る、立つ、歩く、排泄、日常生活動作の維持が出来なくなること。疾病によるサルコペニア。脳腫瘍による高次脳機能障害に伴う認知障害。当たり前に出来る事は当たり前でない事実を、母の姿を通して目の当たりし、いろんな葛藤がありました。少しでも元気になって欲しいと一緒にe-エクササイズ®の運動教室に同行して楽しそうに動いてくれていた3か月前の姿が最後の元気な様子でした。
健康寿命の延命・・・私が運動支援に関わる意味と意義、価値を問い直した時でもあります。

葬儀後、それまでは保てていた体と感情が一気に崩れて・・・身体が弱ると気持ちも一緒に「母にもっともっと、してあげられたのではないか・・・。いつも母を諭していた自分は本当に良かったのか・・・」自問自答する私自身。まさかこんな感情に襲われるとは想ってもなく、感情のおさまりどころが見つからない初めての経験でした。心と体は表裏一体なのだ改めて気付かされました。

母に、元気になって貰いたいと一緒にe-エクササイズ®の教室に連れて行っていた時の事です。病気が進行しながらも「亜紀がつくったe-エクササイズっていい運動ね!みんなと一緒に楽しい!気持ちがよかよ!病気のお母さんでもできるよね!」母の笑顔での言葉が遺言の様に鮮明に心に残っています。
人は生まれてきた使命があるのかもしれません。私は残された父と一緒に住んでいる松浦の両親をしっかり看取る事。そして「e-エクササイズ®」を母の様な病気の方を支える運動プログラムとして世の中に伝える事を柱に生きて行きたいと思います。

「人は何のために生きるのか・・・人は幸せになるために生きている!!」
家族に囲まれて、みんなに想われて。母もきっと幸せだった・・・。
生きていくうえで大切なことは、「思いやり」や「愛情」「感謝の心」そして相手を思う「こころ」目には見えない事。母の姿はなくなったけれど、きっと見守ってくれている。幸せに生きるために開発した運動プログラム「e-エクササイズ®」を通して、これからも出逢いと人を大事に、後悔しない生き方をしていきたいと思います。たくさんの皆様に支えられていることに
心より感謝をこめて・・・。

プロフィール

長崎市在住。運動と健康に関する多数の資格とキャリアをベースに平成22年に生活習慣病罹患者,低体力者,高齢者向けに座位のまま無理なく取り組める身体機能改善プログラム“メディカルフィットネスe-エクササイズ®”を開発。自ら支援と実践にあたり医療現場に導入を提案。
多くの患者に症状・機能の改善が見られている。現在は、認知症,精神障害対応プログラムとしても医療現場への普及に努める。

株式会社e-エクササイズ®代表取締役 松浦亜紀子

各団体公認資格

  • (公財)健康体力づくり事業財団認定/健康運動指導士
  • (公財)健康体力づくり事業財団認定/健康運動実践指導者
  •  日本スポーツ精神医学会認定/メンタルヘルス運動指導士
  •  厚生労働省認定/ヘルスケア・リーダー
  •  JHCA認定/HCパーソナルトレーナー
  •  健康医学会協会認定/健康支援トレーナー・プラクティショナー
  •  日本ウォーキング協会認定/ウォーキング指導員
  • (公財)日本レクリエーション協会認定/福祉レクリエーションワーカー

松浦亜紀子の座ったままできる運動療法
メディカルフィットネス e-エクササイズ
株式会社 e-エクササイズ事務局
〒851-0405 長崎市為石町3629
TEL 080-1775-2823
【受付時間】10:00~17:00(土日祝日除く)

ページ上部へ戻る